「ガリステごはん」に新前菜 高校生のアイデア光る 青森・田子

高校生のアイデアを取り入れてリニューアルしたガリステごはん

 青森県田子町の飲食店などでつくる田子ニンニク料理推進協議会は「田子ガーリックステーキごはん(ガリステごはん)」に付く前菜9種類をリニューアルした。町内3店で29日から1600円で新メニューを提供する。

 9品のうち1品は田子高生のアイデアをプロ料理人がアレンジ。ニンニクを練り込んだ肉あんを、薄くのばしたそば生地で包んで春巻きにした。

 2016年に誕生したガリステごはんは前菜を毎年リニューアルしており、今回が6代目となる。

 推進協の佐藤剛大会長は「冷めてもおいしい味になるよう工夫した。デビュー5年を迎え、今後も一期一会のおもてなしを続けたい」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る