仙台でも「煙臭い」 岩沼のタイヤ置き場火災 広範囲に黒煙

黒煙を上げながら燃えるタイヤ=24日午後2時30分ごろ、岩沼市

 24日午前11時40分ごろ、宮城県岩沼市下野郷三人谷地の桜国際貿易のタイヤ置き場から出火、保管中のタイヤなどが焼けた。黒煙が空高く立ち上り、仙台市消防局にも「煙の臭いがする」といった通報が市民から複数寄せられた。25日午前0時現在、鎮火していない。
 岩沼署によると、現場にはタイヤ約5000本が野積みされていた。隣接する畑で高齢男性が野焼きしており、風にあおられて火がタイヤに燃え移った可能性があるという。
 現場は仙台空港(名取市、岩沼市)の南約2・5キロ。東北電力ネットワーク宮城支社によると、近くの配電線が切れたため、一部で停電が発生した。宮城県によると24日正午ごろ、県内で微小粒子状物質「PM2・5」の濃度が上昇する観測地点が相次いだ。火災の影響とみられる。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る