メディアテーク、のびすくなど利用不可 仙台市イベント取りやめ

仙台市役所

 仙台市は25日、新型コロナウイルス感染症対策会議を開き、感染者急増に伴い、市主催のイベントを原則中止か延期し、市民利用施設も26日から順次休館することを決めた。県と出した独自の緊急事態宣言期間の4月11日まで実施する。企業や民間団体、町内会などにも同一歩調を要請する。
 市民利用施設はせんだいメディアテーク(青葉区)など308施設を利用不可とし、児童館・児童センターなど146施設も一部のサービスを除き、利用不可とする。既に予約を入れている市民には利用自粛を強く求める。使用をやめた場合、利用料は全額返金する。都市公園の複合遊具は利用可能とする。
 木村洋二危機管理監は26日から当面、全庁から最大46人の職員を保健所業務の応援に充てると説明した。全部局に停止や延期が可能な業務を洗い出し、応援派遣が可能な職員数を精査するよう求め、態勢が整い次第、最大250人程度を保健所や経済対策の業務に従事させるとした。
 郡和子市長は「仙台は全国で最も高い危機にある。新型コロナとの闘いは1年以上に及び、市民の疲労もピークだろうが、人の移動を制限することは、感染拡大を防ぐ最も基本的な事項の一つ。危機感を共有して乗り越えたい」と話した。
 臨時休館する主な市民利用施設は以下の通り。

 【26日から】▽青葉区 市福祉プラザ、市シルバーセンター、葛岡リサイクルプラザ、仙台文学館、晩翠草堂、市科学館、市天文台▽宮城野区 市歴史民俗資料館▽若林区 震災遺構の荒浜小と荒浜地区住宅基礎、せんだい3・11メモリアル交流館、今泉リサイクルプラザ▽太白区 市八木山動物公園、縄文の森広場、市電保存館▽泉区 七北田公園都市緑化ホール▽市立図書館7カ所、市子育てふれあいプラザ「のびすく仙台」5カ所
 【27日から】▽青葉区 市民活動サポートセンター、市民会館、戦災復興記念館、エル・パーク仙台、エル・ソーラ仙台、仙台国際センター▽泉区 イズミティ21▽各区文化センター、市民センター、市体育館(太白区)などスポーツ施設26カ所

市民利用施設の休館・利用自粛について(仙台市HP)
河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 勝ち上がり表

企画特集

先頭に戻る