宮城県人事、ポスト復興にらみ組織再編 コロナ対応に手厚く配置

 宮城県は26日、春の定期人事異動を発表した。異動総数は知事部局以外への出向者を含めて1887人。東日本大震災から11年目を見据えた組織再編で、前年度より208人多い。新型コロナウイルス感染症の封じ込めに向け、人員を手厚く配置した。発令は4月1日、退職は3月31日。

 沿岸部の復旧復興に携わる派遣職員…

残り 788文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ