FAQ

政宗像、元の姿に 前立ての修繕終わる 建立86年

 2月13日の福島県沖地震で、かぶとの三日月の前立てが折れた仙台藩祖・伊達政宗の胸像の修繕が完了し、29日に仙台市青葉区の市博物館中庭にある台座に戻す作業が行われた。

 胸像は8日に台座から外され、ブロンズ彫刻の修復を手掛ける「ブロンズスタジオ」(東京)の工房に運ばれた。前立ての折れた部分に7~8セン…

残り 394文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る