高田松原の砂浜を一般開放 10年ぶり再生

一般開放された高田松原の砂浜。左手前は奇跡の一本松=1日午後2時15分ごろ、陸前高田市

 東日本大震災の大津波で失われた岩手県陸前高田市高田松原地区の砂浜再生事業が終わり、1日に砂浜が一般開放された。出入りできるようになったのは震災以来、約10年ぶり。地元の家族連れなどが早速訪れ、波打ち際で散歩を楽しんだ。

 砂浜は約1キロで幅30~60メートル。孫2人を連れて来た同市の無職熊谷勇喜さん(84)は「かつての高田松原は30年以上続けたジョギングのコースだった。砂浜に一番乗りしたかった」と笑顔で話し、「夏は海水浴場が開設される。にぎわうのが楽しみだ」と期待した。

 防潮堤で式典があり、岩手県や市、松の植樹を続ける地元のNPO法人「高田松原を守る会」の関係者ら10人が出席した。守る会の千田勝治副理事長(72)は「再生した砂浜や成長を続ける松の木を多くの人に直接見てほしい」と願った。

 砂浜再生は県が実施。宮城県大和、大郷両町産の砂や砕石約30万立方メートルを投入し、人工的に整備した。11年ぶりとなる海開きは7月中旬を予定している。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

企画特集

先頭に戻る