宮城知事「一日も早く沈静化を」 まん延防止措置適用

村井嘉浩宮城県知事

 政府が宮城県に新型コロナウイルス緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」の適用を決めた1日、村井嘉浩知事は報道陣に「国や県内の市町村と協力し、一日も早く沈静化を図らなければならない」と感染の抑え込みに強い決意を示した。県は2日に市町村長会議、3日に対策本部会議を開き、仙台市以外の独自対策などを協議する。
 村井知事は仙台市を対象地域に指定する理由として病床の逼(ひっ)迫(ぱく)を挙げた。「入院すべき人が入院できない状況。自宅やホテルで亡くなる人が出る可能性が高まってきた。ここで食い止めないと大変なことになる」と危機感をあらわにした。
 当初は重点措置に慎重だった村井知事。「独自の緊急事態宣言や時短要請の効果が出るため、少し様子を見たいと考えていた。残念ながら患者の急増を抑え込めなかった」と釈明した。
 郡和子市長も取材に応じ、重点措置の適用に「医療崩壊を招かないため、強い措置が必要と考えていた」と政府判断を尊重した。11日までの飲食店への時短要請は、重点措置期間の5月5日まで延長する見通し。「市周辺(の対策)も県に考えてほしい」と求めた。
 一方、山形県は重点措置適用を当面、政府に要請しない方針を明らかにした。吉村美栄子知事は記者会見で、山形、寒河江両市の飲食店の98%超が時短要請に応じているとし「効果を十分に見極める必要がある」と説明した。「医療現場が切迫する重症化(の動向)が一番の肝」とも語り、感染状況次第では要請にかじを切る可能性も示唆した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る