岩手知事、部課長送別会を問題視せず 「対策講じれば100人でも」

達増拓也岩手県知事

 岩手県総務部の部課長19人が3月末に飲酒を伴う送別会を盛岡市内で開催したことについて、達増拓也知事は1日の定例記者会見で「感染リスクが低い状態でやったと思う」と述べ、問題視しない考えを示した。
 県の感染症対策本部は大人数での飲食など感染リスクが高まる「五つの場面」の回避を促すとの基本的対処方針を掲げている。達増知事は「感染対策を講じていれば10人を超えてもいい。100人でもやり方はある」と主張した。
 基本的対処方針との整合性に関しては「人数について具体的な数字は示していない。少人数であっても、密集した空間やいつも近くにいる人以外との接触を避けて飲食してほしい」と述べた。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る