秋田市長に穂積氏4選

穂積志氏

 任期満了に伴う秋田市長選は4日投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の穂積志氏(64)=公明推薦、自民・社民支持=が、ともに無所属新人の元秋田県議沼谷純氏(48)=立民支持=、元市議武内伸文氏(49)との争いを制し、4選を果たした。

 選挙戦で穂積氏は、JR秋田駅周辺など市中心部の再開発を進めた実績を強調。郊外の外旭川地区へのサッカースタジアム整備や先端技術を使った街づくりを掲げた。政党のほか各種団体の推薦、支持を取り付け、組織戦で逃げ切った。

 沼谷氏は現職批判票を取り込んで追い上げたが、競り負けた。武内氏は市議2期の政治経験をアピールしたが、広がりを欠いた。

 投票率は52・59%で、前回2017年(51・77%)を0・82ポイント上回った。当日の有権者は25万9148人。

当61982 穂積 志 無現
 53637 沼谷 純 無新
 19369 武内伸文 無新

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る