変異ウイルス「E484K」 仙台で167件確認

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 仙台市は5日、市議会災害対策会議で、市内の新型コロナウイルス感染者の検体から2月中旬以降、ワクチンの効果を弱める可能性が指摘される変異株「E484K」が167件検出されていたと明らかにした。

 市衛生研究所(若林区)によると、昨年6月〜今年3月25日、陽性が判明した検体のうち一定のウイルス量がある計803件を国立感染症研究所に送った。

 E484Kの初検出は2月中旬で、同時期以降に送った検体208件のうち、80・3%でE484Kが確認された。加藤邦治健康福祉局長は「E484Kが今回の感染急増の原因とは断定していない」と語った。

 加藤局長は市衛生研への変異株ゲノム(遺伝子)解析機器の導入に関し、購入費は数千万円と試算した上で「予算措置について急ぎ検討を進める」と話した。

[E484K]南アフリカやブラジル、フィリピンで確認された。今のところ感染力が高くなったり、症状が強くなったりするとの報告はないが、免疫やワクチンの効果を低下させる可能性が指摘されている。国内では3月25日時点で1161例が確認された。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る