ICカード、JR東と共有 山形のバス2社導入へ

 山形県内を事業エリアとする山交バス(山形市)と庄内交通(鶴岡市)は2022年春ごろ、JR東日本のSuica(スイカ)などとしても使える交通系ICカードを導入する。

 県内全域をカバーする形で複数の民間バス会社が一斉に交通系ICカードを導入するのは全国初で、両社が県内と仙台市などを結ぶ都市間高速バスも利用できるようになる予定。

 交通ネットワーク機能の利便性向上やキャッシュレス化による感染症対策などが狙い。両社が導入するのはスイカと定期券などの機能を兼ね備えた「地域連携ICカード」で、各社のカードとスイカは山形市が運行するコミュニティーバスでも使用できる。導入には山形県の支援事業(予算約5億7000万円)や国の補助制度を活用する。

 山交バスの担当者は「乗客の乗降データを利活用し、適切な運行経路やダイヤに向けて見直しを行い、県全体のバスネットワークの持続性確保や利用促進を図りたい」と説明した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る