FAQ

分断を超えて(中)自覚/政治の座標、民意とずれ

 宮城県で新型コロナウイルスの新規感染者が激増した3月中旬、仙台市青葉区の繁華街・国分町で懐石料理店を営む男性が、声を落として語りだした。

 「県議の感染が一番のインパクト。来客数が一時激減した」

 店では昨年11月、県議会最大会派の自民党・県民会議の議員らによるクラスター(感染者集団)が発生した。入り…

残り 1058文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る