接種券届けど不案内、問い合わせたら通話料 仙台市コールセンターに不満噴出

仙台市役所

 新型コロナウイルスワクチン接種を巡り、高齢者の問い合わせが殺到する仙台市のコールセンターに不満が噴出している。接種券が届いたものの開始時期や接種会場の案内がなく、コールセンターに電話すると、ナビダイヤルで通話料を取られるためだ。連絡した高齢者は「市の説明が不十分なのに、なぜわれわれが通話料を負担しなければならないのか」と怒っている。

 市によると、問い合わせは接種券が届いた1日以降に急増。1〜6日に計1万2639件が寄せられ、このうち5、6日の2日間が5898件を占めた。接種予約の開始時期、予約の方法、接種会場の質問が圧倒的に多いという。

 市はコールセンターにナビダイヤルを採用。固定電話でかけると、180秒ごとに9・35円と市内通話と同程度の通話料が発生し、携帯電話からは99円と約10倍の料金が取られる。

 市の説明では、通話料無料のフリーダイヤルの場合、電話回線の開設者が料金を負担するため税金を使うことになる。ワクチン接種はあくまでも希望者の任意で、受けない人もいるとみられ、税金を公平に使う観点から通話料負担は難しいと判断し、ナビダイヤルを選択したという。

 ベテラン市議は「接種券と一緒に送った資料にも詳細の記載はなく、問い合わせる高齢者は多いだろう。オペレーターにつながるまでの時間も料金がかかる。市民に負担のない形にすべきだ」と改善を指摘した。

 全国20政令市のワクチン接種コールセンターのうち、フリーダイヤルを採用するのは千葉、横浜、浜松、岡山の4市。仙台を含む残る16市はナビダイヤルか固定電話を利用している。

 仙台市ワクチン接種推進室の担当者は「説明が足りず申し訳ないが、ナビダイヤルは継続する。接種時期や会場などの情報は、さまざまな媒体を通じて市民に発信していく」と理解を求めた。コールセンターは(0570)055670。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る