暗闇に浮かぶ桜めでる 仙台・三神峯公園でライトアップ

ライトアップされた桜=7日夜、仙台市太白区の三神峯公園

 ほぼ満開となった桜のライトアップが7日、仙台市太白区の三神峯(みかみね)公園であった。来年度以降の本格実施に向け、住民有志による西多賀まちづくり推進委員会が実験した。

 遅咲きのヤエベニシダレザクラ1本の周囲に、発光ダイオード(LED)のライトと投光器計約30台を置いた。周囲が暗くなるにつれて薄桃色の花が暗闇に浮かび上がり、幻想的な雰囲気に包まれた。家族で訪れた金剛沢小3年佐藤莉桜さん(8)=太白区=は「夜の桜を見るのは初めて。ピンクがきれいだった」と話した。

 コロナ禍を考慮し、実験は1日限りで事前告知せずに行った。推進委のメンバーや居合わせた市民が写真を撮るなどして楽しんだ。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る