被災サーファー物語(3) つらい経験越え快挙

低気圧の通過に伴い「仙台新港」にいい波が立った。ホームポイントの波に激しくサーフボードを当て込み、しぶきを上げながら滑走する高橋さん=仙台市宮城野区

<トップアマ>(上)挑戦 仙台市泉区・高橋誠さん(63)

 仙台港向洋海浜公園(仙台市宮城野区)のビーチは全国有数のサーフポイントだ。サーファーの間では「仙台新港」の通称で親しまれている。付近でサーフショップ「m-ing」を営む高橋誠さん(63)は、40年以上通う。年齢別で競うアマチュアサーフィンの最高峰、全日本選手権で2度頂点に立ったトップ級サーファーだ。

波への礼儀

 実力者になるほど、波にボードを当て、ターンを繰り返し、時には空中に舞い、着水するなどさまざまな技を仕掛ける。派手さを競いがちな若いサーファーを横目に、高橋さんは安定感のあるライディング技術で岸辺近くまで長く乗り続ける。ベテランの真骨頂だ。

 「技を繰り出しながら、どれだけ長く波に乗り切るか。乗ったら決して途中でやめない。競技を始めた18歳のころから意識は変わらない」と自らのスタイルを貫く。同時に「波に乗れること自体に感謝している。食材を味わうのと同じで、残さず最後まで味わう。競技者としての波への礼儀だ」と話す。

 東日本大震災時、高橋さんのショップは、車で5分ほどの仙台新港に最も近い場所にあった。鉄骨2階の建物は大津波で全壊し、閉店に追い込まれた。近くで再建するまで1年以上を要した。

 再出発までの間、高橋さんは国内各地で開催されるコンテストに精力的に出場し続けた。

 2000年、全日本選手権で初優勝。震災翌年の12年に再び栄冠に輝いた。つらい経験を乗り越えての快挙だった。続く13年には世界マスター選手権(エクアドル)に日本代表として出場し9位。今年2月、63歳になった今も、国内コンテストのファイナリストであり続ける。

光景鮮明に

 なぜ、戦い続けるのか? 「極めようと思っても極められないのが波乗りの難しさであり魅力」と明かす。

 震災当日、押し寄せる大津波を目の前に、2階の屋根に逃げた光景を鮮明に覚えている。

 「怖かった。ヤバイとも思った。でも、助かった。これも自然の一面。自然相手のスポーツに恐怖は付きものだが、大きなけがもなく波乗りを続けてこれたことは幸せ。やめようなんて考えたことは1度もない」

 高橋さん、実は14年にも、世界マスター選手権日本代表に選ばれている。2年連続選出となった14年パナマ大会は、現地の政情不安により中止に。幻に終わった大会への再挑戦が、当面の目標だ。被災地のビーチをホームに世界を見つめる。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

企画特集

先頭に戻る