FAQ

処理水を2年後海洋放出 福島第1原発で政府決定

 東京電力福島第1原発にたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水の処分に関し、政府は13日、2年後をめどに同原発で海洋放出を開始するとの基本方針を決定した。周辺環境のモニタリングや風評対策を強化する考え。海洋放出に反対する漁業関係者を中心に反発は必至だ。

 加藤勝信官房長官を議長とする関係閣僚会議…

残り 505文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る