閉じる

台風19号被害 宮城県、災害廃棄物20万トンの処理完了

 宮城県は12日、2019年10月の台風19号豪雨で県内33市町村で発生した災害廃棄物20万2376トンについて、県内外での処理が今年3月末までに完了したと発表した。

 内訳は家財道具や家屋解体分を含む片付けごみが56・9%に当たる11万5166トン、収穫後に水田から流失した稲わらが残りの8万7210…

残り 210文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ