閉じる

福島の鮮魚を6県の店舗で イオン東北、本格操業後押し

 イオン東北(秋田市)は、福島県産鮮魚の取り扱いを拡大する。東京電力福島第1原発事故の影響で8年余り続いてきた試験操業を終え、本格操業を目指す福島の沿岸漁業を流通面から後押しする。

 同県産鮮魚は、3月に終えた試験操業の期間中の水揚げ量が限られていたこともあり、主に県内の店舗で販売されてきた。試験操業…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ