東北電、月額900円で水回り修理 提携企業と新サービス

 東北電力は他企業と連携して、住宅設備修理サービスや飲料水宅配サービスの提供を始めた。家庭向けトータルサービスの一環。

 住宅設備修理サービスはホームサーブ(東京)と手掛ける。一戸建て(賃貸を除く)の顧客向けの定額料金制で、電気設備は月額800円、水回りは月額900円で漏電、水漏れといったトラブルに対応する。

 1回当たりの修理に要する費用は30万円まで自己負担がない。東北電との電力需給契約がなくても利用できる。犯罪や故意、地震などによるトラブルは対象外。対象エリアは宮城県から順次拡大する予定。

 飲料水宅配サービスは、東北電グループのアクアクララ東北(仙台市)が担う。専用ボトルに入った飲料水を自宅まで届けるほか、熱湯や冷水が使えるサーバーをレンタルする。

 対象は東北電の会員制ウェブサービス「よりそうeねっと」の会員で、サーバーの新規契約が必要となる。エリアは仙台市と周辺の計11市町村。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る