閉じる

ゆるキャラ化トリチウム、復興相が反論

 復興庁が東京電力福島第1原発事故の処理水に含まれる放射性物質トリチウムを「ゆるキャラ」化した問題で、平沢勝栄復興相は16日の閣議後記者会見で「分かりやすいと評価する声もある」と反論した。「何が問題か検証中」とし、デザインの是非を留保する一方、キャラを載せた広報物は修正すると表明した。

 平沢氏は、電…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ