IHG、安比高原にホテル3棟開業へ

 英国系の大手ホテルチェーン「インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)」は、岩手県八幡平市の安比高原でスキー場やホテルを手掛ける岩手ホテルアンドリゾート(IHR、盛岡市)と契約を締結した。12月、IHGブランドのホテル3棟を安比高原エリアに開業する。

 総額約50億円を投資し、IHRが所有するホテル安比グランドを「ANAクラウンプラザリゾート」、安比ヒルズ白樺の森と安比高原温泉ホテルの2施設を「ANAホリデイ・インリゾート」にリニューアルする。地上4階のホテル「ANAインターコンチネンタルリゾート」も高原内に新設する。

 3棟のホテルには計1000室の客室と18店のレストランとバー、計3000平方メートル規模の宴会場と会議室などを備える予定。

 IHGの3ブランドのホテルが同じエリアにできるのは東北で初めて。IHGで日本やオーストラリア地域の開発を担当するアビジェイ・サンディリア氏は「より本物の日本を体験したいと考える海外旅行者からも人気のホテルになる」とコメントした。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る