FAQ

被災地のための祈り 1000年後まで 「命灯会」活動の出版費用募る

 東日本大震災を機に始まった、宗教や宗派を超えて命と向き合い祈る「命灯会(みょうとうえ)」の活動をまとめた書籍「灯(とも)そう。」を出版しようと、岩手県一関市の僧侶らがクラウドファンディング(CF)で資金を募っている。 
 命灯会を行っているのは、一関市の藤源寺住職佐藤良規さん(48)と、宮城県気仙沼…

残り 730文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る