FAQ

被災者支援(1)伴走型/仙台モデル 広く実践

 東日本大震災は、被災者支援の在り方に再考を迫った。個別の課題に応じた生活再建を目指す「伴走型」の支援活動が進む一方で、災害法制の隙間や広域避難の実情を把握する難しさも浮き彫りになった。震災後の成果や課題を探る。

 東日本大震災で手探りの実践をまとめたファイルが、復興の水先案内を担った。

 最大震度7を…

残り 2606文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る