FAQ

被災者支援(3)台帳/情報共有、援助の土台に

 992平方キロ。本州一の面積を誇る町で、山あいに暮らす被災者の見守りを「データベース」が支えた。

 岩手県岩泉町は2016年8月の台風10号豪雨で河川の氾濫が相次ぎ、住宅944戸が全半壊した。町が生活再建支援で活用したのが、県の「被災者台帳システム」だった。

 システムは東日本大震災を機に県が整備し、…

残り 1097文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る