[動画]角館の桜も見頃に まつり開幕「静かに楽しんで」

見頃を迎えた角館の桜

 秋田県を代表する桜の名所、仙北市角館町の桜が見頃を迎えている。新型コロナウイルスの影響で昨年中止となった「角館の桜まつり」は規模を大幅に縮小し20日に開幕する。市の担当者は「静かに花見を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 シダレザクラが有名な武家屋敷通りでは人力車が運行され、乗客が車夫の説明を聞きながら車上からの景色を楽しんだ。桧木内川沿いでも約2キロにわたりソメイヨシノが満開を迎えた。

 市観光課によると桜は例年より約1週間早く咲き始めた。由利本荘市から訪れた会社員山田光輝さん(27)は「土日の雨風で散ってしまうかと心配したが、きれいに残っていてよかった」と話した。

 仙北市は武家屋敷通り周辺に非接触型体温計を設置し、通りで予定していた歩行者天国の実施を取りやめた。夜桜のライトアップも中止した。

人力車に乗ってシダレザクラを楽しむ人もいた=19日、仙北市の武家屋敷通り
河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る