FAQ

仙台の感染者、変異株が97.9% E484K

 仙台市は22日、3月下旬に新型コロナウイルスの陽性が判明し、国立感染症研究所が解析した検体96件のうち、97・9%の94件からワクチンの効果を弱める可能性がある「E484K」変異株が検出されたと発表した。感染力が強いとされる「N501Y」変異株も新たに5件が確認された。

 市によると、E484K変異…

残り 318文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る