FAQ

ワクチン保管庫に非常用蓄電池 宮城県蔵王町、東北で初導入

 宮城県蔵王町は21日、新型コロナウイルスのワクチンを保管する超低温冷凍庫用の非常用蓄電池を報道陣に公開した。停電からワクチンを守るためのバックアップの一環で、導入は東北の自治体で初めて。

 製造した「CONNEXX SYSTEMS」(コネックス システムズ、京都府精華町)によると、起動時に大きな電流…

残り 305文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る