FAQ

南三陸署の新庁舎完成、高台から町見守る

 東日本大震災の津波で全壊し、移転新築した宮城県警南三陸署の落成式が23日、南三陸町志津川新井田の現地であった。関係者約30人が出席し、テープカットをして完成を祝った。

 新庁舎は鉄筋コンクリート3階で延べ床面積1969平方メートル。海抜20・4メートルの高台に位置する。総事業費約17億5000万円。…

残り 206文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る