【焦点】診療看護師、地域医療の切り札に 医師の指示待たず点滴、床ずれ処置

 医師不足が深刻な東日本大震災の被災地などの課題解決に向け、仙台市の東北医科薬科大病院が、高度な医療技術を身に付けた「診療看護師(NP)」の派遣事業に力を入れている。NPの活用は、患者への迅速な処置や医師の負担軽減など利点が多い。現在、登米市と連携した活動を展開し、高齢化が加速する東北の過疎地からも…

残り 1216文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ