閉じる

東電「トリチウム減衰進む」 処理水放出計画に反映へ

 東京電力は27日、福島第1原発で発生した処理水に含まれる放射性物質トリチウムの平均濃度を精査した結果、1日時点で1リットル当たり62万ベクレルだったと発表した。自然減衰が進み、推計値を実測値に置き換えたことで昨年3月の分析より11万ベクレル減った計算だ。東電は濃度推移を見極めながら海洋放出計画を策…

残り 463文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより