閉じる

コロナ重症化の予防薬、東北大研究グループ開発 2年後実用化目指す

 東北大大学院医学系研究科の宮田敏男教授(腎臓内科)と東北大病院の張替秀郎(はりがえひでお)臨床研究推進センター長らの研究グループが、新型コロナウイルス感染による肺炎の重症化を防ぐ治療薬を開発した。内服薬として自宅や療養先の患者に投与できるため、患者、医療現場双方の負担軽減につながるという。臨床試験…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ