金蛇水神社のボタン、もう開花 見頃は来週

大輪の花が咲き始めたボタン=4月30日

 岩沼市の金蛇水神社で、名物のボタンが咲き始めている。温暖な気候が続いたため、開花は例年より10日ほど早いといい、来週中に見頃を迎えそうだ。

 改元を記念した外苑整備の一環で日本庭園に生まれ変わった名所のボタン園では、約100種類、1000株のボタンが育てられている。全体の約2割が開花した4月30日は、参拝客が赤やピンク、白など色鮮やかな大輪の花を楽しんだ。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で恒例の花まつりが初めて中止となった。今年は5月8~21日に実施するが、見頃のピークとずれる可能性が高い。

 ボタン園の開園時間は午前8時半~午後4時半。入園料200円。連絡先は金蛇水神社社務所0223(22)2672。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る