閉じる

<証言>校舎残し街が消えた 仙台・荒浜小、救助までの27時間 東日本大震災10年

 東日本大震災で仙台市若林区の荒浜小(2016年3月閉校)には高さ4・6メートルの津波が押し寄せ、4階建て校舎の2階の床上40センチまで浸水した。辺り一面は黒く濁った海と化し、児童と教職員、避難住民の計320人が孤立した。不安と寒さに襲われながら励まし合い、救助を待った27時間を関係者の証言で振り返…

残り 2390文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集