宮城県、処理水放出巡り意見集約へ 11日に農水・観光業と官民会議

 東京電力福島第1原発にたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水を2年後をめどに海洋放出する政府決定を巡り、宮城県が農水産業、観光業の関係者と今後の対応を協議する官民会議を設置することが分かった。風評被害が懸念される業界団体の意見や要望を集約し、政府や東電に申し入れる内容をまとめる。11日に県庁…

残り 348文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ