FAQ

接種迅速化へ体制強化を 宮城の市町村長、県に求める

 新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が11日に解除される政府決定を受け、宮城県は8日、市町村長会議を開いた。県は仙台市内で時短営業要請を31日まで継続し、残る34市町村では11日に終了する方針を報告。市町村側は了承した上で、ワクチン接種のスピードアップに向けた体制整備を強く求めた。

 村井嘉…

残り 321文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る