仙台の高齢者接種前倒し、背景に政府要請 2カ月余で27万人、ハードル高く

村井知事(右)と共同記者会見に臨む郡市長。ワクチン接種の加速を表明したが、実現には課題が多い=8日午後3時30分ごろ、県庁

 郡和子仙台市長が65歳以上の高齢者への新型コロナワクチン接種を7月末に完了させる方針を打ち出し、波紋が広がっている。当初の接種計画を大幅に前倒しする決断は、政府の強い要請が背景にあった。だが、2カ月余りの短期間で約27万人に接種できるか、実現性には疑問の声も上がる。

郡市長の元に直接電話

 村井嘉浩知事と臨んだ8日の共同記者会見。郡市長は「変異株がこのまま増えていくと大変厳しい。とにかくやるんだという強い意識だ」と語り、7月末完了への決意をみなぎらせた。

 市は少なくとも4月28日までは、高齢者の接種完了を早くて8月末と見込んでいた。ワクチン供給の見通しが立たず、施設入所者以外の接種開始は6月以降と説明。接種予約の開始時期すら示せていなかった。

 状況が一変したのは4月30日。政府が6月最終週までのワクチン供給量を各自治体に通知し、接種の前倒しを強く要請した。

 郡市長の元にも政府関係者から直接電話があったという。7月末完了が可能かどうか確かめる内容ではなく、7月末のために何が必要かを尋ねる電話だった。「仙台市は8月末」などと言えるはずもなく、接種計画の見直しを迫られた。

 「国のプレッシャーがすごい。厚生労働省だけでなく、総務省も内閣府からも接種状況の確認がある」と県幹部の1人は明かす。仙台市の遅れは県全体に影響すると危機感を抱いた。

 郡市長は5月初旬、村井知事と協議し、東北大病院などの勤務医の協力が得られれば、集団接種を増やせるとの認識で一致。市医師会も方針転換を了承した。

 村井知事は共同記者会見で「ワクチン接種は市町村の担当だが、仙台に限っては県が一緒に対策を打つ」と語った。同席した東北大病院の冨永悌二病院長も勤務医の派遣を約束した。

 市は平日にかかりつけ医による個別接種、土日に市民センターなどで集団接種を実施する計画だった。市医師会の安藤健二郎会長は「土日もクリニックを開けてもらい、個別接種できるよう促したい」と話す。

 市は10日以降の週内に新たな接種体制や予約開始時期を発表する。ただ、集団接種を増やすには看護師らの確保、予約を円滑に受け付ける仕組みなどが必要。医療従事者への先行接種の完了なども前提になる。

 「今のやり方では7月末は不可能だ」。8日あった市の新型コロナ対策会議で、市医師会の永井幸夫顧問はこう断言した。「診療所スタッフが休みなく対応しなければならず、現実的でない。高齢者への説明にも時間を取られる」と指摘。接種体制を早急に再構築する必要性を強調した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る