被災者支援(5完)福祉/災害対応の意識向上を

 台所の床下には今もヘドロが残り、風呂場の柱は腐食が進む一方だ。東日本大震災から10年が過ぎても、復興は程遠い。

 4月下旬、在宅被災者の支援を続ける宮城県石巻市の一般社団法人「チーム王冠」の伊藤健哉代表(54)が、同市貞山地区の佐藤悦一郎さん(76)宅を訪ねた。

 「行政に苦しめられ、生活はひどくなる…

残り 1067文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ