新型コロナ 福島で過去最多95人感染

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 福島県は12日、10歳未満~80代の男女95人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの過去最多を更新し、県内の感染確認は計4061人。確保病床の使用率は87・6%に達し、逼迫(ひっぱく)している。

 人口10万人当たりの新規陽性者数は24・49人で、ステージ4(爆発的感染拡大)の目安の25人に迫る。直近1週間の療養者数は630人で過去最悪となった。重症者用病床の使用率は44・9%。感染経路の不明割合は34・5%で、家庭内感染が増加傾向にある。

 感染者の内訳はいわき市26人、会津若松市23人、郡山市12人、福島市、二本松市が各7人、喜多方市5人など。いわき市の3人は高齢者施設の職員と利用者で、県は県内68例目のクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

 他のクラスター関連は、いわき市内の事業所で2人が判明し、計33人。福島市の接待などを伴う飲食店も利用者2人の感染が分かり、計17人に増えた。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る