福島県全域に時短要請へ 内堀知事「強い措置が必要」

内堀雅雄福島県知事

 福島県の内堀雅雄知事は12日、新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多の95人に達したことを受けて記者会見し、会津若松、いわき両市で継続中の飲食店などに対する県独自の時短営業要請について、早ければ15日にも県全域に広げる考えを示した。

 直近10日間の県内の主な感染拡大地域の新規感染者数は表の通り。会津若松市は3日から集中対策を続けているが、感染拡大に歯止めがかからない。飲食店を中心とした感染が家庭内にも広がっている。

 内堀知事は「非常事態にある」との認識を示し、「既に感染者の入院先が見つからないケースが出てきている。より強い措置が必要で、早急に新たな対策をまとめる」と述べた。

 「まん延防止等重点措置」に適用に関しては、国と協議を続けている会津若松市に加え、いわき市も検討を求める方針だが、「タイミングがずれてしまった感がある。今の状況では全県レベルの対策をしなければならない」と語った。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る