閉じる

「感染急拡大の入り口」 仙台市長、変異株の増加を懸念

 郡和子仙台市長は14日の臨時記者会見で、市内の新型コロナウイルス感染者の発生状況や、感染力が強いとされる「N501Y」変異株の増加などを説明し「今は感染急拡大の入り口にある」と警戒を呼び掛けた。感染爆発を抑えるため、重症化リスクの高い高齢者への速やかなワクチン接種に取り組むと強調した。

 直近7日間…

残り 629文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ