閉じる

福島特産モモに凍霜害拡大 被害額過去2番目の10億円

 福島県内でモモなどの果樹を中心に凍霜害(とうそうがい)の被害が広がっている。10日までの県のまとめでは計15市町村の被害額は10億8200万円に上り、1981年の71億5600円に次いで過去2番目に大きい。調査中の自治体もあり被害はさらに拡大する恐れがある。県内の果樹農家からは悲痛な声が上がってい…

残り 623文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集