残雪を踏みしめ頂へ 栗駒山が夏山開き

残雪を踏みしめ栗駒山頂を目指す登山客=16日午前9時45分ごろ、栗原市栗駒

 宮城、岩手、秋田の3県にまたがる栗駒山(1626メートル)が16日、夏山開きを迎えた。宮城県側では、栗原市栗駒のいわかがみ平と、花山の湯浜温泉の両登山口で安全祈願祭があった。

 いわかがみ平の栗駒レストハウスであった祈願祭には関係者約40人が出席した。栗原市によると、人出は新型コロナウイルスによる外出自粛の影響を受けた昨年よりも多いという。

 友人2人と訪れた栗原市高清水の会社員鈴木和男さん(60)は、「毎年来ているが山開きで霧が出るのは珍しい」と話し、山頂を目指した。

 いわかがみ平登山口につながる県道築館栗駒公園線は、4月に発生した岩石崩落の影響で通行止めとなっている。迂回(うかい)路は市道馬場駒の湯線で、県は16日までに迂回路入り口の手前約100メートルに大型の案内板を設置した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る