飲食店の認証制度、宮城でも 「山梨モデル」参考に5000店目標

 宮城県は17日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底する飲食店を独自に認証する新たな制度の申請を21日から受け付けると発表した。感染拡大の防止、店舗経営の下支えの両立に向け、約1000店を認証した後に、認証店でのみ使えるプレミアム付き食事券を発行する方針。最終的に5000店の認証を目指す。

 制度の対…

残り 429文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ