「飲食店認証」東北でも広がる 山形と福島先行、4県導入へ

 新型コロナウイルスの感染対策を徹底する飲食店などを認証する独自制度の導入が、東北各県でも広がってきた。先駆けの「山梨モデル」を参考に、県の実情に即した基準のアレンジや利用客へのPR方法を模索する。感染拡大の防止と地域経済の底上げを両立させる切り札として期待されるが、厄介な感染症だけに、狙い通りの成…

残り 987文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集