楽天打線vsロッテ 主砲浅村が大暴れ[2020データで見る]

ロッテ戦でチームを引っ張った東北楽天の浅村

 東北楽天は昨季2位のロッテに15勝1分け8敗と大きく勝ち越した。昨季の成績からは、主砲浅村が見せた獅子奮迅の活躍ぶりが表れている。

 浅村は昨季、ロッテから通算打率3割6分8厘、12本塁打、32打点と文句なしの成績。先発投手陣からは、美馬に打率5割5分6厘(9打数5安打)、岩下に打率6割6分7厘(9打数6安打)と打ちまくり、打率は3割に届かなかったものの、石川や小島からはそれぞれ2本塁打を放った。

 鈴木大はチームトップの通算打率3割7分を記録、古巣相手に力を証明した。ほかにも、島内は通算3割1分5厘、小深田が通算2割8分と相性が良かった。
(編集局コンテンツセンター)

2020シーズン対戦データ
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る