春季高校野球宮城 4強決まる 準決勝は仙台育英ー東北学院、東陵ー仙台一

仙台一―柴田 1回裏仙台一2死二塁、佐藤龍の左前適時打で先制のホームを踏む二走岩槻(左)。右は柴田の先発谷木
東北学院―古川学園 3安打完封と好投した東北学院の先発伊東

 第68回春季東北地区高校野球宮城県大会は22日、仙台市民、石巻市民の両球場で準々決勝4試合があり、仙台育英、東北学院、東陵、仙台一が4強入りを決めた。
 仙台育英は八回に4点を挙げ、日本ウェルネス宮城に8-5で逆転勝ち。東北学院は主戦伊東の好投で3-0で古川学園を下した。東陵は打線がつながり、聖和学園に10-0で六回コールド勝ちした。仙台一は第2シード柴田に4-3で競り勝った。
 23日は仙台市民球場で準決勝2試合がある。

22日の試合結果
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る