FAQ

宮城・丸森に「遊砂地」整備へ 阿武隈川支流の土砂災害防ぐ

 東北地方整備局宮城南部復興事務所(宮城県丸森町)は、2019年10月の台風19号で氾濫した丸森町内3河川の安全対策工事で、土砂災害を防ぐために流路を広げた「遊砂地」の整備を計画している。浸水被害を受けた家屋の跡地も計画地に含まれる。

 国が県内に遊砂地を整備するのは初めて。阿武隈川支流の五福谷川、内…

残り 600文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る