閉じる

<アングル宮城>奮闘 地域のために コロナ下の新社会人

 新年度が始まって2カ月。コロナ下で社会に閉塞(へいそく)感が漂う中、今年もさまざまな職場で新社会人が第一歩を踏み出した。

 守屋雛(ひいな)さん(20)=仙台市太白区=は地元の幼稚園教諭になった。大切な子どもを預かる責任もあるが「日々成長する小さな姿を見るのは楽しく、やりがいを感じる」と語る。庄子俊…

残り 165文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより