仙台市、中心部の聖火リレー中止を要請 市陸上競技場での実施提案

仙台市役所

 郡和子仙台市長は1日の定例記者会見で、21日に市内を回る東京五輪の聖火リレーに関し、市中心部を走るコースを中止し、代わりに市陸上競技場(宮城野区)内でのリレー実施を宮城県に要請したと明らかにした。

 中心部コースは、午後5時台に市地下鉄東西線国際センター駅(青葉区)を出発し、勾当台公園市民広場南側のつなぎ横丁(同)まで30分程度リレーする。

 郡市長は「平日夕方の通勤時間帯と重なる。密集を避けることが難しい」と、中心部コースの中止を求めた理由を説明した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る