宮城の都市ボランティア、参加辞退相次ぐ 登録者半減

 新型コロナウイルスの影響で1年延期された東京五輪・パラリンピックで、観客を誘導する宮城県の都市ボランティアを申請した約1700人のうち、実際に活動する登録者数が5割の約900人にとどまっていることが2日、分かった。昨年の延期決定以降、参加辞退などが相次いだ。

 海外からの観客受け入れ断念など、大会規…

残り 438文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ